社労士の仕事内容となり方について解説します

社労士の仕事内容となり方について解説します

社労士の仕事内容とは

社労士の仕事内容は多岐にわたります。まずは社会保険などの手続きの代行の仕事です。社労士のことをあまり良く知らない人でも、一般的には手続きの代行を主な役割としていることを耳にしたことがあるのではないでしょうか。そもそもこういった保険に関する手続きの代行は社労士の独占業務なのです。保険の手続きは馴染みのない人が担当すると時間がかかったり、ミスが起きて何度もやり直す必要が生じると言われているため、手続きのプロとも言える社労士に任せれば効率的に処理することができます。

また、就業規則の作成も社労士の仕事です。就業規則は各職場のルールのようなもので、社労士は専門知識を活用して作成に尽力することになります。さらに、労務コンサルの仕事も担っています。職場の人事労務に関する指導や、評価制度の構築などを専門的な知見から行うのです。

社労士になるためには

上述のような仕事を行う社労士になるためには、試験に合格する必要があります。誰もがこの試験を受験できるというわけではなく、実務経験や国家試験合格歴、学歴などの要件を一つでも満たさなければなりません。すなわち、たとえ実務経験がなくとも学歴で要件をクリアしていれば問題なく受験できるのです。また、学歴が中卒であっても国家試験に合格していたり実務経験があれば、受験資格を満たしていると判断されます。実際、中卒者が社労士試験に合格するケースは珍しくありません。ちなみに、社労士試験は年齢制限はないので受験資格さえクリアすれば誰もが受験できます。

最寄り駅が渋谷の社労士事務所を検索すると、3件見つけることができ、範囲を渋谷区まで広げると、9件見つけることができます。